Information & Diary

2019-05-18 03:40:00

今、時間を決めて、1日ちょっとだけ読み進めている本があります。

これが「色」が分かる人だと、ストーリーと合わせて2倍楽しめます。

河野 裕さんの「階段島シリーズ」です。全部で6冊。6冊目で階段島シリーズ完結します。

IMG_9925.JPG

 

1冊目は、「いなくなれ、群青」。映画化され、もう少しで公開の作品。

1冊目「群青色」(ぐんじょういろ)こい紫みの青 7.5PB3.5/11 という色がタイトルにも使われています。興味のある方は、色に興味のある方は、配色カードで調べてみてくださいね。

 

2冊目 「その白さえ嘘だとしても」

 

3冊目 「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」

 

4冊目 「狂気は壊れた黒の叫び」

 

5冊目 「夜空の呪いに色はない」

 

6冊目 「君の世界に、青が鳴る」

 

6冊目が出て、完結しました。

 

また今度、色とストーリーがどのように関係しているのか、また解説してみたい思います。

 

「色」 は小説にも、話にアクセントを加え、洋服やメイク、教育や介護など様々な場面で使われます。この限りではありません。

 

 

cocobonbonsは、6月中旬と7月初めは1週間、お休みを頂きますので、ご予約はお早めにお願いします。

 

5/24 金曜日は、Bakery Tononnon様で出張です。

まだ空きがございます。どうぞご予約くださいね(๑˃̵ᴗ˂̵)ご希望のお時間お知らせください。

 

IMG_9614.JPG 

 

13:05〜と、13:30〜が満席です。

カラーと手相と数秘で3枠取られても構いませをよ。

お任せいたします。

 

 

 

通常のカラーセラピーセッションや手相鑑定、数秘は、サロンでの1時間セッションになります。しっかりとセッションを受けたい、うちでカラーセラピーを学んでくださった方が、受けたいと思われましたら、1時間からの通常セッションを受けられてくださいね。イベントは時間が短く、体験的な感じです。

 

色彩プライベートスクール cocobonbonsでは、色を学びたいという方に広くお越しいただき、日常に色を活かしていただくために、RYBカラーリーディングをはじめとする数種のカラーセラピー、RYBパーソナルカラー、RYBエデュケーションまで学んでいただけるようご用意しております。相談会、フォローも定期的に行なっています。ぜひ、お気軽にご利用くださいませ。


トップに戻る