Information & Diary

2019-03-11 01:27:00

大学の頃読んだことがあるが、もうすっかり忘れてしまった「若きウェルテルの悩み」をアマゾンで購入しました。

カラーで、ゲーテの話をする際、ゲーテが書いた本を1冊くらいはしっかり読んでおかなくては。

フロイトの本も読んだし、ユングも読んだと思うけど、またこれも学生時代だから、忘れてしまった。

 

カラーはあらゆる知識の集合体なので、色の話をする際、フロイトやユングも出てきた時、自分の言葉で話せるように、しっかり知識を積んでおかなくてはならない。

 

 

 

 


トップに戻る