Information & Diary

2018-08-23 03:37:00

もう日付が変わって昨日のこと。

週に大体2回、実家と広島を往復していますが、昨日は実家に帰る日。父の病院の付き添いと、父の買い物。

病院は、特にすぐすぐどうのということはありませんが、これから考えていかないといけないことはたくさんあります。父を説得して、いろんなことにもまだまだ残りの人生をチャレンジしてもらいたい、少しでも本人が快適に過ごせるように。

 

この前、お客様とお話をしていて、自分が仕事を退職してから何をするか、その準備にカラーセラピーを学ばれたり、物作りの講師の資格を取られ、活動の準備をしていると話されていました。子育て中のお客様もそうです。そう考えて、カラーセラピーを学びに来てくださる方が多い。素晴らしいなと思います。

私も父がもし、いなくなったら、実家の父の仕事スペースの離れで、カラーセラピーの講座やセッションをしたり、物作りの工房も合わせて作ろうと構想だけはあります。お花の資格ももっているし、お花にちなんだものも工房ではやりたい。私の人生の後半期、その準備は今でも地道にしています。カラーセラピーはもっとこうしたい、これを取り入れたい、そしてどうやったら楽しい気持ちでお越しいただけるかなともいつも考えながら。

 

その実現がまだまだ先であることを願っています。

 

 

今日の13:30〜中区白島の現金屋さんでは公式勉強会です。よろしくお願いいたします。

 

今の私はパープルのぎゅっとくん。

我が道を極めたいのかもしれません。自分の道をこだわりを貫きたい。

         IMG_6950.JPG

 

 皆さんは、何色のぎゅっとくんが気になりますか?

色はあなたの心を表しています。

 

これは先日、娘が色を塗りました。娘とも色を交えると会話も弾むし、娘は私の前で、色を選んだり、色のワークをしたがります。色を介して、会話も弾むことはもちろんですが、自分に注目してくれることがわかっているのでしょう。

 

「夏休みの思い出」というお題を与えました。

娘は、こんなぎゅっとくんを描きました。

         IMG_6949.JPG

 

一番目だったのは、Redだけで、ぎゅっとくんを無心で塗りつぶしたこと。

「どんな気持ちだった?これは何をしたときのこと?」

夏休みの思い出がバスケ🏀で、とにかく苦しかったことなど、その他たくさん話してくれました。

色を介して、いろんな想いを話してくれて、私は改めて、そんな気持ちだったのか、いろんなことを考えているんだな、とか、気づかされました。

 

これも「色育」の素晴らしいところ。私の子育ての中に、色があってくれるおかげで、いろんな気づきもあり、親子の時間が豊かになりました。

 

ぎゅっとくんの体験版は、9/3のRin cafeさんの色のお茶会でも、みなさんに行っていただこうと思います。大人も夢中になります。

 

9/23は、チャリティーイベントで色育をご体験いただきます。

Clip Hiroshima様で、10:30〜11:30、親子でご体験いただく色育体験です。お一人様1コインです。要予約。

ご参加費はすべて西日本豪雨災害支援のための義援金へ寄付させていただきます。

ぜひ、チャリティーイベントにお越しいただけたらとおもいます。よろしくお願いいたしますm(__)m

 

最後までお読みくださりありがとうございました😊

 


トップに戻る